相互RSS

  • ホーム
  • movie
  • ケルアックやスタインベック的なアメリカの旅と伝承を描く「Where the Water Tastes Like Wine」のコンソール対応がアナウンス、海外向けの発売は11月29日

ケルアックやスタインベック的なアメリカの旅と伝承を描く「Where the Water Tastes Like Wine」のコンソール対応がアナウンス、海外向けの発売は11月29日

投稿日:2019/11/09 カテゴリー:movie, PS 4, Switch, Xbox One
「Where The Water Tastes Like Wine」

かつてFullbrightで傑作“Gone Home”のプログラマを務めたJohnnemann Nordhagen氏が開発を率いる新スタジオ“Dim Bulb Games”のデビュー作として昨年3月にPC向けのローンチを果たした「Where the Water Tastes Like Wine」ですが、新たにDim Bulb GamesとSerenity ForgeがPS4とXbox One、Nintendo Switch版“Where the Water Tastes Like Wine”を正式にアナウンスし、2019年11月29日の海外発売を予定していることが明らかになりました。

また発表に併せて、コンソール版のアナウンストレーラーが公開されたほか、海外Nintendo eShopにて予約の受付けがスタートしています。






【関連記事】

モンストオーブ無料でGETできてワロタwww

「これぞ、農ゲー」ほんわかスマホゲーム。可愛くって楽しいよ

最近面白そうだからリセマラして始めようと思うんだけど魔王クラスが出るまで粘った方が良いかな?

ページTOPへ