相互RSS

  • ホーム
  • カード・ボードゲームの記事一覧

お手軽、シンプル、でも手強い、トランプを使った新たなソリティア『Boolitaire』レビュー

投稿日:2019/11/14 カテゴリー:カード・ボードゲーム

トランプのカードを使った、シンプルな新作ソリティア。手軽でサクサク、短時間で遊べるのに、そう簡単にクリアできない難しさがあり、思わず何度も繰り返してしまうアプリが公開されています。『Boolitaire』です。とてもあっさりした画面のソリティアですが、価格は250円。これでは買おうと思う人は少ないと思います……。ただ、本当に延々と続けてしまう、個人的に好きなアプリなので、この場で紹介させてもらいたく思います。ちょっとした合間に楽しめる、スマホに向いたアプリ。広告やスタミナはなく、もちろん課金もありません。 ...

続きを見る

完全ガチャ本位制すごろくRPG『モンストドリームカンパニー』レビュー。意欲的な会社経営ソシャゲだが、基本のバトルシステムに難あり

投稿日:2019/09/06 カテゴリー:カード・ボードゲーム

モンスターを召喚してみんなで敵と戦う大ヒット作『モンスト』。その世界がモンスターたちの功績によって平和になったが、召喚されたモンスターは平和になっても元の世界に帰らず、プレイヤーはモンスターと共に会社を作って世界一利益を上げる“ドリームカンパニー”を目指すことに。『モンスト』スピンオフゲームは、お金稼ぎバトル&会社経営の『モンストドリームカンパニー(モンパニ)』だった。 続きを読む ...

続きを見る

日本発、世界でヒットしたドイツゲームが日本語対応で待望のアプリ化。珠玉のパーティーゲーム『Love Letter(ラブレター)』レビュー

投稿日:2018/10/25 カテゴリー:カード・ボードゲーム

「俺、姫様のことが好きになっちまった!」お姫様に恋したプレイヤーが、協力者の助けを得てラブレターを届け、その心を射止める……なんともほのぼのしたテーマのドイツゲームが『Love Letter(ラブレター)』だ。このゲームは、大勢で集まって遊ぶと盛り上がるパーティーゲームなのだが、アプリ版では必然的にオンライン対戦、CPU対戦で遊ぶことになり盛り上がりに欠ける。だから評価は5としているが、今回は紙版を含めて紹介するので、最後まで記事を読んでから買うか考えてみて欲しい。 続きを読む ...

続きを見る

これぞ改良版の〇×ゲーム、『クアルト(Quarto)』レビュー。幼年期に飽きるほど遊んだ『〇×ゲーム』の興奮を、大人に提供する味わい深いドイツゲーム

投稿日:2018/10/07 カテゴリー:カード・ボードゲーム

2人のプレイヤーが、3×3マスの方眼に順番に○と×を書き加えていき、縦横斜め、どれか1列に同じ図柄を並べたプレヤーが勝利となる『〇×ゲーム』。誰もが子供時代にハマる対戦ゲームだが、このゲームは突然に冷める。▲wikipediaより引用。というのも、これはお互いに最善を尽くすと必ず引き分けになることが小学生でもすぐわかってしまい、飽きてしまうからだ。しかし、もしこれを最善手がわからないよう改良できたら……それは、大人でもハマる白熱のゲームになる。今回紹介するドイツゲーム『クアルト(Quarto)』は、そんな大...

続きを見る

簡単に深い読み合いを味わえる式神将棋『Onitama』レビュー。世界的ボードゲーム販売会社からリリースされた日本発のゲーム

投稿日:2018/10/02 カテゴリー:カード・ボードゲーム

がたん、ごとん。電車に揺られて慣れたゲーム友達(もしくは恋人)と2人のちょっとした旅行。何か遊びたいけど、せっかく相手がいるのに別々のソシャゲを遊んでいても味気ない。そんなときにお勧めしたいのが、今回紹介するドイツゲーム(カタンなどに代表されるボードゲーム・カードゲームの総称)の『Onitama』。適度に短くて悩み、読み違えのハプニングもおきて「ああ、間違えたっ!」と叫べる。ガチでやるより、たまのタイミングに気軽に友達と対戦したいゲームだ。 続きを読む ...

続きを見る

簡単ルールなのに深い読み合いが楽しめる式神将棋ボ『Onitama』レビュー。世界的ボードゲーム販売会社からリリースされた日本発のゲーム

投稿日:2018/10/02 カテゴリー:カード・ボードゲーム

がたん、ごとん。電車に揺られて慣れたゲーム友達(もしくは恋人)と2人のちょっとした旅行。何か遊びたいけど、せっかく相手がいるのに別々のソシャゲを遊んでいても味気ない。そんなときにお勧めしたいのが、今回紹介するドイツゲーム(カタンなどに代表されるボードゲーム・カードゲームの総称)の『Onitama』。適度に短くて悩み、読み違えのハプニングもおきて「ああ、間違えたっ!」と叫べる。ガチでやるより、たまのタイミングに気軽に友達と対戦したいゲームだ。 続きを読む ...

続きを見る

作者の根底に、ポケモンがあるから作れたカードゲーム『ReRotation』レビュー。ポケモンのローテーションバトルをもう1度…

投稿日:2018/08/10 カテゴリー:カード・ボードゲーム

3体のポケモンと1体の控えを交代させながら戦う対戦形式"ローテーションバトル”。このローテーションバトルが好きな開発者アズマゴローさんが、『ポケットモンスターX・Y』を最後に廃止されたことを嘆き、『シャドウバース』などのカードゲームと融合させて作った1人用カードゲームが『ReRotation』だ。と言っても、本作は単なる真似だけのゲームではない。システムはよりロジカルになり、運と計算の要素が付加された新作なのだ。だから、ポケモンとは遠いゲームになるかと思ったが……意外にも、プレイして感じたのは予想以上のポケ...

続きを見る

UIをオリジナリティに昇華したデッキビルドRPG『Meteorfall: Journey』レビュー。あと、獣の手が妙に可愛い

投稿日:2018/03/13 カテゴリー:カード・ボードゲーム

PCで似たゲームが出ているのに、スマホ向けのUIに変えたら異なるオリジナリティを持つゲームになってしまった……『Meteorfall: Journey』で、そんな驚きの体験をした。本作は、隕石を召喚して破滅をもたらそうと目論む大魔術師を倒すため、4人の戦士から1人を選んで戦いの旅に出る1人用のデッキビルド系RPGだ。デッキビルド系とは、使用するカードの束(デッキ)をプレイ中に組み立てていくゲームのことで、効果的なカードを使うか、その場の不利を飲んで強いカードを増やすかのジレンマを突きつけるカードゲームでは定...

続きを見る

ドラクエだから遊ぶんじゃない、『ドラゴンクエストライバルズ』が面白いから遊ぶんだ。DQRレビュー

投稿日:2017/11/11 カテゴリー:カード・ボードゲーム

スマホのCCG(コレクタブルカードゲーム)は、『マジック』に始まったトレーディングカードゲームの歴史をなぞりつつある。『マジック』の流行後、後続作品はゲームを軽量化したり、隊列の要素を前に押し出してみたり、地形要素を入れたりと差別化を図った。そして、スマホゲームでは『ハースストーン(Hearthstone)』後に日本を席巻した『シャドウバース』、地形要素のある『Duel Ex Machina』などがこれにあたる。そして、今回新たに登場したのは隊列を前に押し出した『ドラゴンクエストライバルズ』である。 続きを...

続きを見る

おもちゃ感たっぷりの簡易版ボードゲーム『Ticket to Ride: First Journey』レビュー。ボドゲのアプリコレクターの方に

投稿日:2017/10/02 カテゴリー:カード・ボードゲーム

2004年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した人気ボードゲーム『Ticket to Ride』を子供向けに簡易化したゲーム『Ticket to Ride: First Journey』がスマホにやってきた。3Dグラフィックスを使ってかわいらしく特徴的なアイコンを使っており、“おもちゃ感”は十分。ゲームは小さくなっているが所有欲を満たせるほどには作られており、価格もお安め。「ボードゲームの実物を買うほどでもないけどもゲームを体験したい」というプチコレクターの方向けの1作だ。 続きを読む ...

続きを見る

『Onirim(オニリム)』レビュー – 悪夢を脱出するソリティア系ゲーム。ダークなアートと演出の好移植

投稿日:2017/04/10 カテゴリー:カード・ボードゲーム

出口を探して夢の世界をさまようカードゲーム『Onirim(オニリム)』にアプリ版が登場した。オニリムは、山札から出てくるカードをやりくりして出口カードを集めるソリティア系ゲームで、1~2人用のゲームとして知られている。アプリ版は基本セットのみで1人プレイ専用だが、だからと言ってアプリ版の価値が低いわけではない。もともと夢をテーマにしたカードアートが評価されていた本作に、ぴったりの音や演出をつけて手軽に1人用を楽しめて、安い。カードゲームプレイヤーであれば、持っておいても良い1作だ。 続きを読む ...

続きを見る

オリジナリティはあるが、面白くなるのはこれから。Cygamesのハースストーン、『シャドウバース』レビュー

投稿日:2016/06/20 カテゴリー:カード・ボードゲーム

日本には、人気のゲームをアレンジし、優れたイラストで見た目を整えて売り出す職人集団がいる。そう、Cygamesだ。『シャドウバース』はそんな彼らの最新の作品で、世界的に人気の対戦カードゲーム『ハースストーン(Hearthstone)』をアレンジしたゲームである。どんなものかと、『三国志パズル大戦』を思い出しつつプレイしてみたところ、かなり差別化されたゲームだったのでここに紹介したい。 続きを読む ...

続きを見る

面白くなりきれない。多くの欠点を抱えた話題作『ポケモンコマスター』レビュー

投稿日:2016/04/21 カテゴリー:カード・ボードゲーム

ついに、スマホに完全オリジナルのポケモンゲームがやってきた。ポケモンの駒を動かし、ボード上で陣取り合戦を繰り広げる『ポケモンコマスター』だ。だが、正直に言おう。このゲームは期待外れだった。『ポケモンコマスター』は、部分的には面白い。が、それ以上に問題を抱えていて、面白さを体験する前にあきらめが来てしまうであろう、残念な作りになっている。 続きを読む ...

続きを見る

面白くなり切れない。多くの欠点を抱えた話題作『ポケモンコマスター』レビュー

投稿日:2016/04/21 カテゴリー:カード・ボードゲーム

ついに、スマホに完全オリジナルのポケモンゲームがやってきた。ポケモンの駒を動かし、ボード上で陣取り合戦を繰り広げる『ポケモンコマスター』だ。だが、正直に言おう。このゲームは期待外れだった。『ポケモンコマスター』は、部分的には面白い。が、それ以上に問題を抱えていて、面白さを体験する前にあきらめが来てしまうであろう、残念な作りになっている。 続きを読む ...

続きを見る

ページTOPへ