相互RSS

Apple Arcade全71本を遊んだ中から、王道おすすめ5本、癖のあるおすすめ5本を紹介 – Apple Arcade完全ガイド付録

投稿日:2019/09/30 カテゴリー:特集記事

月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』だが、ゲームがいきなり多すぎて何を遊べばいいのかわからない……。確かにその通り。そこで、9月30日時点でリリースされているすべてのゲームを遊んでみて、自信を持ってお勧めできる5本+癖があって面白い5本、そして絶対遊んで欲しい特選1本を紹介する。まずは、これを遊んでみて欲しい。なお、個別のゲームについての感想はジャンルを分けて紹介していて、記事末尾からリンクをたどれる。 続きを読む ...

続きを見る

Apple Arcade完全ガイド:アクション・ACTアドベンチャー・スポーツ26作と特選おすすめ作品の紹介

投稿日:2019/09/29 カテゴリー:特集記事

月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。この記事では、2019年9月28日時点でリリースされているアクション・アクションアドベンチャーをまとめて26作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。Apple Arcade完全ガイド:パズル・アドベンチャー編も併せてどうぞ。 続きを読む ...

続きを見る

Apple Arcade完全ガイド:アクション・ACTアドベンチャー・スポーツ25作と特選おすすめ作品の紹介アクション・アクションアドベンチャー編

投稿日:2019/09/29 カテゴリー:特集記事

月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。この記事では、2019年9月28日時点でリリースされているアクション・アクションアドベンチャーをまとめて25作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。Apple Arcade完全ガイド:パズル・アドベンチャー編も併せてどうぞ。 続きを読む ...

続きを見る

Apple Arcade完全ガイド:パズル・アドベンチャー27作と特選おすすめ作品の紹介

投稿日:2019/09/28 カテゴリー:特集記事

月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。この記事では、2019年9月28日時点でリリースされているアドベンチャーとパズルゲームをまとめて27作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。 続きを読む ...

続きを見る

Apple Arcade完全ガイド:RPG・シミュレーション・シューティング18作と特選おすすめ作品の紹介

投稿日:2019/09/27 カテゴリー:特集記事

月額600円で、独占の特別なゲームが遊び放題になるゲームサービス『Apple Arcade』。どんなゲームがあって、どれがおすすめなのか、ゲームを探している方に“Apple Arcade完全ガイド”をお届けする。この記事では、2019年9月28日時点でリリースされているRPG・戦術ゲーム・シミュレーション・シューティング18作品、おすすめと、その他、評価不能(バグなど)に分けて紹介するので、ぜひ参考にして欲しい。その他のジャンルは下記で。Apple Arcade完全ガイド:パズル・アドベンチャー編Apple...

続きを見る

このドラゴンボールは海賊版だ、販売できないよ。バンダイが集英社作品のゲーム化で酷い目にあった…もとい勉強させて頂いた話、Unite Tokyo 2019レポート

投稿日:2019/09/26 カテゴリー:特集記事

ゲームエンジンUnityの技術カンファレンス、Unite Tokyo 2019にて、技術と異なる一風変わった話があった。バンダイと集英社の関係がどのように始まり、どのように変化したのか。『ドラゴンボール』ゲーム化の話を中心に出版社サイドとゲーム会社サイド、それぞれの視点を語る……と言うより、苦労を重ねたバンダイ側に、当時の集英社側監修の責任者が真実を語るセッション『出版社とゲーム会社はなぜすれ違う?ドラゴンボールのゲーム化で酷い目にあった…もとい勉強させて頂いた話』である。非常におもしろ……いや、ためになる...

続きを見る

「あそこにないゲームがある」メガビットコンベンション02レポート。自由な方針の下、個性的ゲームが集まるゲーム好きのための空間

投稿日:2019/09/17 カテゴリー:特集記事

大阪で2019年の8月25日に行われたインディー/同人ゲーム/フリーゲーム系イベント『メガビットコンベンション 02』。そのレポートをいくつか掲載してきたが、肝心のイベント内容について触れていなかったので、今さらながら、まとめて紹介しておきたい。このイベントは、同じ関西で行われるインディーゲーム展示会BitSummitにないものを補う補完的な存在で、ゲーム好きなら見に行って損のないイベントだ 続きを読む ...

続きを見る

ゲームメディアはいかにしてパクリゲームと向き合うべきか。ゲームキャストの場合

投稿日:2019/08/17 カテゴリー:特集記事

「このゲームはパクリゲーだ、存在を許してはいけない」「いや、問題ない」なんて議論は、ゲームの情報を追っているとたまに見かける。ゲームキャストでも、「何を考えてゲームを扱っているのか、パクリをどう見ているのか」という質問が最近多いので、久しぶりに現在の見解をここに書き、回答として示しておきたい。(自分も元は超過激派ゲーマーで、年月を経て考え方が少しずつ変わっているので、たまに書いておく必要があると感じている) 続きを読む ...

続きを見る

スマホで描いた絵が立体化して動き出す『ラクガキ キングダム』βが超楽しくて、全人類と絵描きさんに遊んで欲しいので紹介しておく

投稿日:2019/08/14 カテゴリー:特集記事

こんばんは、8月からゲームキャストで記事を書き始めたライターのマイナルです。自分で描いた絵が、自動で立体化して、動き出す。『ラクガキ キングダム』ってゲームのβテストでキャラクターを作るのが楽しかったので、全人類と全絵描きにやってほしくて紹介するよ!あなたが好きなのは、どんなキャラ?美少女、美男子、猫や犬?はたまた異形のモンスター?でも、実際に好きなキャラを仲間にできるゲームはめったにない。なら描いたキャラが動くゲームをやればいいじゃない。そんなコンセプト、面白そうですよね?でも、どんな風にラクガキを立体化...

続きを見る

中国で大ヒットのマリオカート系ゲーム『カートライダー』、3分でできる手に汗握るバトルを紹介したい

投稿日:2019/08/13 カテゴリー:特集記事

海外ゲームが好きすぎて、海外ゲームをライセンスインする仕事についてしまった海外ゲーのプロ、きたむらさんによる中国スマホゲーム紹介第3弾。皆さんは『マリオカート』をご存じだろうか。いや、これは聞くまでもないか。任天堂のマリオやクッパがカートに乗って競う『マリオカート』は、ゲーム機で人気のレーシングジャンルでもトップの人気を誇るゲームの1つだ。スマホでも、任天堂とDeNAの共同開発タイトル『マリオカートツアー』が開発中で、すでにCBTまで実施されてリリース準備が進められている。日本のスマホゲーム市場ではレーシン...

続きを見る

マイ・『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』。もしくは『ALWAYS ドラクエの夕日』を見て

投稿日:2019/08/08 カテゴリー:特集記事

最初、『ドラゴンクエスト』(以下、ドラクエ)が映画化すると聞いて「正気か!?」と思った。『ドラクエ』、それも『ドラゴンクエストV 天空の花嫁(以下、DQV)』は映画化と相性が悪いからだ。もともと『ドラクエ』は主人公などのキャラクター性が薄く、プレイヤーの想像にゆだねられている部分が大きいRPGだ。そこに性格付けしてボイスを入れるだけで「こんなの俺の××じゃない」と、想像と映画での解釈の差で苦しむものとなる。この記事では、私がそんな映画をどう思って見たのか、どこに意義を見出したのか、ということを書いていきたい...

続きを見る

基本無料時代に、作家性と収益を両立する方法。『くまのレストラン』で実現したガチャのない優しい世界

投稿日:2019/07/06 カテゴリー:特集記事

一般に、課金を気にせず思い通りにゲームを作るほど、収益化は遠ざかっていくといわれる。広告を入れるほど世界観が壊れるが、収益化できる。有料ゲームにすると、間口は狭くなってしまう。そこに対して、果敢にアプローチするインディー開発者がいる。作家性の高い無料アドベンチャーゲーム群を出し続ける『くまのレストラン』作者Daigoさんだ。2019年7月6日、銀座のユニティ・テクノロジーズ・ジャパンにて行われた“Unity Monetization コーヒーミートアップ”のセッションにて「作家性と、収益化を両立するためのマ...

続きを見る

どんなドット絵も90年代のゲームセンター風にする『Natural CRT』登場。ブラウン管の物理特性から”なつかしさ”を再現したUnity向けフィルター

投稿日:2019/05/29 カテゴリー:特集記事

オリジナル創作物の展示・即売会コミティアC128で、ちょっと面白いものを見つけてしまった。“ピクセルアート”などと呼ばれる近代のドット絵より、さらに懐かしいドット絵を、現代の液晶で再現するフィルター『Natural CRT』だ。現代に移植されたレトロゲームを遊んだとき、ブラウン管CRTモニタで遊んでいたころの色合いと何か違うと感じることがある。しかし、そこにあったものは記憶の中の「懐かしのゲームドット」に近いものだったのだ。なぜ、「懐かしいと感じるドット絵」が表示できたのか、製作者さんのこだわりを聞いてきた...

続きを見る

『ユグドラ・ユニオン』未経験者が語るスマホ版の序盤の印象と、初めてプレイする人が知っておくといいこと

投稿日:2019/04/14 カテゴリー:特集記事

ユグドラ・ユニオン YGGDRA UNION (itunes 1,800円 iPhone/iPad対応 / GooglePlay)独特で奥深いシステム、きゆづきさとこさんによるイラストとマルチエンドの血なまぐさい戦記ストーリーで根強い人気を誇る『ユグドラ・ユニオン』。このゲームがリリースされて2日たったが、まだまだクリアできる様子はない。が、「おすすめなのか?」、「買って詰まったけどどうすればいいのか?」という質問が多いので、ここで現段階の感想と、プレイして理解した「知っておいた方がいいこと」を書いておく...

続きを見る

あまりの過疎で争いが発生せず、平和になってしまったMMO戦争ゲーム『スカイフォートプリンセス』を記録に残したい – 終わったゲームを語る

投稿日:2019/02/07 カテゴリー:特集記事

あまりにも人がいないため、対人のMMO戦略ゲームだったはずの作品が国経営のスローライフゲームと化してしまった。2019年3月28日(木)15:00をもってサービス終了が発表された『スカイフォートプリンセス(スカプリ)』のことである。このゲームはトラビアン系ゲーム(Game of Warのように大勢のプレイヤーが国と軍隊をもってリアルタイムに戦う大規模な戦争ゲーム)で、システム的にも良いところがあって好きだった。が、限界過疎MMORPGは1人で楽しめても、戦略ゲームにはちょっと人を誘いづらい。かといって頑張っ...

続きを見る

2018年12月ベストゲームと秀作-理系力を試すパズル『7 Billion Humans』が元プログラマ的に最高でしかなかった

投稿日:2019/01/04 カテゴリー:特集記事

恒例、ゲームキャストの選ぶ月間ベストスマホゲーム、2018年12月の作品を紹介していく。なお、この順位は「2018年12月に紹介記事を書いたか、そこそこ以上プレイしたゲーム」から選出されているため、漏れているものもある。ここにない、皆さんのおすすめゲームがあれば、ぜひコメント欄で紹介して欲しい。 続きを読む ...

続きを見る

2018年12月の人気記事5 – 『ロマサガRS』のレビュー記事が大人気。

投稿日:2019/01/04 カテゴリー:特集記事

2018年12月のゲームキャスト人気記事ベスト5。1位:断じてロマサガ新作の新作ではない。だが原作への愛もあふれてるRPG『ロマンシング サガ リ・ユニバース』レビューロマサガシリーズの新作としてリリースされたが、バトルがとにかく楽しい。『ロマサガ』のピーキーなバランスをベースに調整されているため、マイルドになっている(裏技的な無敵属性耐性などは消えている)とはいえ、バトルで工夫して遊んでいる感が高い。オートバトルで強い周回パーティーを育て、コマンド選択する本気バトルで強いパーティーを育て、ガチャキャラが大...

続きを見る

2018年11月のゲームベスト5 – 『ドラゴンクエストモンスターズTW』の移植が、ドラクエ史上最高に良かった

投稿日:2018/12/17 カテゴリー:特集記事

恒例、ゲームキャストの選ぶ月間ベストスマホゲーム、2018年11月の作品を紹介していく。なお、この順位は「2018年11月に紹介記事を書いたか、そこそこ以上プレイしたゲーム」から選出されているため、漏れているものもある。ここにないおすすめゲームがあれば、ぜひコメント欄で紹介して欲しい。 続きを読む ...

続きを見る

2018年11月の人気記事ベスト5 – 忙しい人が遊べる短くて濃いゲーム6選、俳句異種格闘技戦『五七五オンライン』などが人気

投稿日:2018/12/17 カテゴリー:特集記事

2018年11月のゲームキャスト人気記事ベスト5。お待たせ。1位:忙しい人のための「短くて濃いフリーゲーム6選」。3分で終わるゲームですら、あなたの心を動かせる短くて面白くて、無料なゲームってこんなにあったのか!夜だけしか遊べないゲームとか、ひたすら印象的な瞳を見続けてデートするゲームとか……。こういった記事はできれば続けていきたい。 続きを読む ...

続きを見る

スマホゲームの未来を作って去った『Infinity Blade』シリーズの歴史。Appleの支援と栄光、新作とソシャゲ版の挫折を振り返る

投稿日:2018/12/11 カテゴリー:特集記事

2010年9月、Apple の発表会で『Infinity Blade』が紹介されたときの興奮は、今でもまだ覚えている。それまで Nintendo DS クラスの映像しか出せなかったスマホに、最先端の携帯ゲーム機のようなビジュアルをぶち込んできたのだから、もう驚きしかなかった。当時はまだ「発展途上」であったスマホだが、大手ゲーム会社の Epic Games が、すごいゲームを出すことで「これからの時代に必要なゲーム端末」となった。少なくとも、私の中では決定打だった。……そんなゲームも時代の流れには勝てず、20...

続きを見る

任天堂とセガのハード戦争が映像化。実話に基づくハード戦争小説『セガ vs. 任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争』が海外でドラマ化決定

投稿日:2018/11/29 カテゴリー:特集記事

かつてセガと任天堂がゲーム業界の覇者を争い、米国においてセガが優勢な時代があった。1990年代、家庭用ハード市場の負け組であったセガが、任天堂にゲーム機戦争を仕掛け勝利し、再び敗北するまでを描くゲームハード戦争ノンフィクション小説『セガvs.任天堂 ゲームの未来を変えた覇権戦争』。これが、アメリカの映画配給会社 Legendary によってドラマ化されると海外サイト Nerdist が伝えている。 続きを読む ...

続きを見る

忙しい人のための「短くて濃いフリーゲーム6選」。3分で終わるゲームですら、あなたの心を動かせる

投稿日:2018/11/27 カテゴリー:特集記事

ゲームとは、時間のかかる趣味だ。映画ならせいぜい二時間、小説なら数時間で終わるところを、ゲームは数十時間、場合によっては数百時間をたった一つの作品に費やすことになる。相対的に時間の価値が上がる昨今、ゲームは好きだが多くの時間は費やせない、そう嘆く方もいるだろう。しかし、それでゲームから離れてしまうのは、あまりに勿体ない。時間がないのなら、ある分だけでプレイできる作品を探せばいいのだ。 続きを読む ...

続きを見る

スマホゲーム10年を振り返る座談会2012年、後編「パズドラの影で動いていたゲームやムーブメント」

投稿日:2018/11/20 カテゴリー:特集記事

iPhone が発売されてから10年の記録を残すため、古くから iPhone ゲームを紹介している iPhone AC の管理人カムライターオさん、meet-i編集長の今村さん、そして私ゲームキャストの3人で集まった座談会の記録をお届けする。今回は2012年前編・中編で取りこぼしたアプリや、業界の動きなどを語っていく。王者『パズドラ』が目立ちすぎる影で、いろいろな実にいろいろなゲームや動きがあったのだ。2008年~2009年・黎明編はこちら2010年・飛躍編はこちら2011年・発展とアイテム課金の影はこ...

続きを見る

2018年10月のゲームベスト5-流麗アクションのメトロイドヴァニア『Grimvalor』、音楽を完成させるパズル『ELOH』など

投稿日:2018/11/09 カテゴリー:特集記事

恒例、ゲームキャストの選ぶ月間ベストスマホゲーム、2018年10月の作品を紹介していく。なお、この順位は「2018年10月に紹介記事を書いたか、そこそこ以上プレイしたゲーム」から選出されているため、漏れているものもある。ここにないおすすめゲームがあれば、ぜひコメント欄で紹介して欲しい。 続きを読む ...

続きを見る

2018年10月の人気記事ベスト5 – スマホゲームの歴史を振り返る座談会『パズドラ』登場年が圧倒的人気、グリーとアナザーエデンのガチャ不祥事事後報告のまずさが2位

投稿日:2018/11/09 カテゴリー:特集記事

2018年10月のゲームキャスト人気記事ベスト5。お待たせ。1位:スマホゲーム10年を振り返る座談会2012年、前編「パズドラとミリオンアーサーの登場、そして海外ゲームの隆盛」スマホゲームの歴史を振り返る座談会連載。さすがに『パズドラ』登場となるとPVが跳ね上がって、10月の人気記事1位に。でも、もし良ければスマホゲーム10年を振り返る座談会2008年~2009年編から読んで欲しい。 続きを読む ...

続きを見る

ページTOPへ