相互RSS

『The Creeps! 2』レビュー。1本のゲームに多様なルールを導入したタワーディフェンス幕の内弁当。飽きない、そして面白い

投稿日:2018/06/08 カテゴリー:RTS

可愛いオバケたちを迎撃するコミカルなモチーフと、独自の“障害物破壊”を軸とした面白さで2009年に人気を博したタワーディフェンス『The Creeps!』に続編が登場した。9年越しの続編の名前は『The Creeps! 2』。これまでもホリデー版などの派生作品は出たが、今回はグラフィックを3Dに置き換えた正真正銘の完全新作。正直、3Dグラフィックは最先端とは言いがたい。しかし、多種多様なステージを遊ばせるゲームシステムは2018年の新作にふさわしい面白さで、久々にじっくり楽しめるおすすめのタワーディフェンス...

続きを見る

シューティングと戦術ゲームの融合『三極ジャスティス』インプレッション。STGが上手いほど強い戦術ゲームとは

投稿日:2018/06/02 カテゴリー:RTS

ついに登場したケイブの新作スマホゲーム『三極(さんごく)ジャスティス』。『ゴシックは魔法乙女』以来、日本のソーシャルゲームとは一線を画したゲームをリリースし続けているが、今回は『ガンパレードマーチ』の芝村さんを世界設定に向かえ、3つの勢力が入り乱れて戦うオリジナルのリアルタイム対戦戦術ゲームとあって注目度は高く、かつケイブの特徴でもあるシューティング要素も取り入れている独特の作品であった。で、プレイしてみてもこれが結構面白かったので、今回はシステムを中心に軽く紹介していきたい。 続きを読む ...

続きを見る

結局ケイブはシューティングな『三極ジャスティス』インプレッション。自らステージを作って基地防衛し、敵が作ったステージは破壊するSTG戦術ゲーム

投稿日:2018/06/02 カテゴリー:RTS

ついに登場したケイブの新作スマホゲーム『三極(さんごく)ジャスティス』。『ゴシックは魔法乙女』以来、日本のソーシャルゲームとは一線を画したゲームをリリースし続けているが、今回は『ガンパレードマーチ』の芝村さんを世界設定に向かえ、3つの勢力が入り乱れて戦うオリジナルのリアルタイム対戦戦術ゲームとあって注目度は高く、かつケイブの特徴でもあるシューティング要素も取り入れている独特の作品であった。で、プレイしてみてもこれが結構面白かったので、今回はシステムを中心に軽く紹介していきたい。 続きを読む ...

続きを見る

結局ケイブはシューティング『三極ジャスティス』インプレッション。自らステージを作って基地防衛し、敵が作ったステージは破壊するSTG戦術ゲーム

投稿日:2018/06/02 カテゴリー:RTS

ついに登場したケイブの新作スマホゲーム『三極(さんごく)ジャスティス』。『ゴシックは魔法乙女』以来、日本のソーシャルゲームとは一線を画したゲームをリリースし続けているが、今回は『ガンパレードマーチ』の芝村さんを世界設定に向かえ、3つの勢力が入り乱れて戦うオリジナルのリアルタイム対戦戦術ゲームとあって注目度は高く、かつケイブの特徴でもあるシューティング要素も取り入れている独特の作品であった。で、プレイしてみてもこれが結構面白かったので、今回はシステムを中心に軽く紹介していきたい。 続きを読む ...

続きを見る

シューティングと戦術ゲームの融合『三極ジャスティス』インプレッション。STGが上手いほど強い戦術ゲーム

投稿日:2018/06/02 カテゴリー:RTS

ついに登場したケイブの新作スマホゲーム『三極(さんごく)ジャスティス』。『ゴシックは魔法乙女』以来、日本のソーシャルゲームとは一線を画したゲームをリリースし続けているが、今回は『ガンパレードマーチ』の芝村さんを世界設定・シナリオに迎え、3つの勢力が入り乱れて戦うオリジナルのリアルタイム対戦戦術ゲームとあって注目度は高く、かつケイブの特徴でもあるシューティング要素も取り入れている独特の作品であった。で、プレイしてみてもこれが結構面白かったので、今回はシステムを中心に軽く紹介していきたい。 続きを読む ...

続きを見る

ガンダムでクラロワ『機動戦士ガンダム 即応戦線』レビュー。こいつ…面白いぞ!?

投稿日:2018/02/16 カテゴリー:RTS

『機動戦士ガンダム』の世界で連邦、もしくはジオンの指揮官となり、ときにモビルスーツを発進させ、ときに戦地に砲台を敷設し、戦況に応じて素早く指示を出して戦う戦術ゲームが登場した。『機動戦士ガンダム 即応戦線』だ。言ってしまうと世界的大ヒットゲーム『クラッシュロワイヤル』をガンダムの世界観で再現したものだが、思った以上に良くできていたので紹介したい。 続きを読む ...

続きを見る

短い中に計算された熱狂。スマホ最高のゲーム『Vainglory』レビュー

投稿日:2018/02/03 カテゴリー:RTS

「すべてのスマホゲームで一番楽しかったスマホゲームは?」そう聞かれたら、迷わず「Vainglory」と答えることにしている。『Vainglory』は、私の人生で最も多くの時間を注いだゲームであり、今もって楽しんでいるゲームでもある。当然、そのゲーム評価はゲームキャスト最高点の10だ。 続きを読む ...

続きを見る

『Dawn of Titans』レビュー – 千以上の兵士が同時に動く合戦は圧巻!システムは古め

投稿日:2016/12/12 カテゴリー:RTS

『CSR 2』や『Clamsy Ninja』など、独自のゲーム製作ツールで、他のメーカーを寄せ付けないグラフィックを特徴とするNatural Motion。その新作のグラフィックは、やはりすごかった。『Dawn of Titans』は、なんと巨人と千を越える兵士たちが一斉に戦う迫力の大規模合戦ゲームなのだ。基本システムとしては、『クラッシュオブクラン』系なのだが、この見た目はやはり圧倒的な魅力だ。 続きを読む ...

続きを見る

『Dawn of Titans』レビュー – 1,000を超える兵士が戦う迫力のクラクラ系戦術ゲーム

投稿日:2016/12/12 カテゴリー:RTS

『CSR 2』や『Clamsy Ninja』など、独自のゲーム製作ツールで、他のメーカーを寄せ付けないグラフィックを特徴とするNatural Motion。その新作のグラフィックは、やはりすごかった。『Dawn of Titans』は、なんと巨人と千を越える兵士たちが一斉に戦う迫力の大規模合戦ゲームなのだ。基本システムとしては、『クラッシュオブクラン』系なのだが、この見た目はやはり圧倒的な魅力だ。 続きを読む ...

続きを見る

ゲームはアリ。スパロボとしては寂しい。『スーパーロボット大戦X-Ω』レビュー

投稿日:2015/10/12 カテゴリー:RTS

1997年、セガとバンダイが合併し「セガバンダイ」になることが発表された。いろいろと業界を騒がせたあげく、その構想は白紙になったのだが、当時は「セガの技術力でスパロボつくったら最高!」など、多くのゲームファンたちが妄想していた(当時、セガの技術力は業界最高峰とされていた)。それから時は流れて2015年。なんと、18年の時を超えてセガとバンダイナムコが手を組み、『スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)』がリリースされた。 続きを読む ...

続きを見る

剣と魔法と、血と汗と。戦場を駆けて指揮をとるファンタジー戦術アクション『Heroes & Castles 2』レビュー。

投稿日:2015/05/18 カテゴリー:RTS

ファンタジー世界で軍隊の指揮官となり、悪の軍勢と戦うゲーム『Heroes & Castles』が大幅にパワーアップして帰ってきた!『Heroes and Castles 2』は、敵味方合わせて最大で100体のキャラクターが入り乱れて戦う大規模ファンタジー合戦シミュレーターだ。防衛戦だけだった前作とは異なり、今作は人間たちが魔物の土地を攻める「侵攻戦」が加わってゲームのバリエーションが豊富に。兵士や敵の種類、AIは大幅に進化し、戦の臨場感も大幅にアップ。もともと面白いゲームだったが、今作は「スマホゲー...

続きを見る

ページTOPへ